会社概要
君津共同火力は、製鉄所の生産工程で発生する副生ガスを主な燃料として有効活用し、
日本製鉄株式会社君津製鉄所と東京電力に電力を供給しています。

ご挨拶

エネルギーで未来に貢献 KimiKyo

 これは、君津共同火力株式会社の新しいコーポレートスローガンです。
 弊社は、創立半世紀を経て新しい半世紀への歩みを始めました。発電設備も順次更新・改良し、体力を強化しています。これから
の半世紀を真直ぐに進むため、エネルギーに軸足を置き、そして未来に積極的に貢献し、立ち向かって行くこと、「過去を教訓とし
て改革し、より良い未来のために、現在を思い切り生き抜こう」という気持ちを込めています。
   発電事業者として、人身安全・設備安全を確保するとともに、環境を保全し、安価な電気を供給するという使命を全うすべく、日
夜邁進しています。

代表取締役副社長
田島 彰

経営ビジョン

KIMITSU W20

人と自然を大切にするとともに社会の発展に貢献するため、君津共同火力は、

ことにより事業を発展させ、社員の幸福を追求して行くことを経営の根幹とする

©2018 Kimitsu Cooperative Thermal Power Company,Inc.

ページトップへ