会社概要
君津共同火力は、製鉄所の生産工程で発生する副生ガスを主な燃料として有効活用し、
日本製鉄株式会社君津製鉄所と東京電力に電力を供給しています。

沿革

君津共同火力株式会社の沿革をご紹介します。

1960年代
1967年昭和42年 会社発足
1号機工事着工
電気事業許可
2号機工事着工
1969年昭和44年 1号機営業運転開始12.5万kW
3号機工事着工
2号機営業運転開始12.5万kW
1970年代
1970年昭和45年 4号機工事着工
3号機営業運転開始35万kW
1971年昭和46年 4号機営業運転開始35万kW
   
1980年代
1983年昭和58年 エネルギー管理優良工場 東京通商産業局長賞受賞
1986年昭和61年 エネルギー管理優良工場 資源エネルギー庁長官賞受賞
1989年平成元年 エネルギー管理優良工場 通商産業大臣賞受賞
2000年代
2001年平成13年 5号機工事着工
2003年平成15年 2号機用途変更(自家用電気工作物)
1号機停止、廃止
2004年平成16年 5号機営業運転開始30万kW
(認可出力100万kW)
2005年平成17年 5号機設備 日本機械学会賞受賞
発電電力量累計2,000億kWh達成
2006年平成18年 無災害記録達成 (通算8,000日間)
危険物優良事業所 消防庁長官表彰受賞
地球温暖化防止活動 環境大臣表彰受賞
2008年平成20年 3号機発電時間30万時間達成
2010年代
2010年平成22年 6号機工事着工
2012年平成24年 6号機営業運転開始15.29万kW
(認可出力115.29万kW)
2013年平成25年 2号機廃止
2016年平成28年 3号機ボイラ更新
2017年平成29年 創立50周年
2019年令和元年 4号機ボイラ更新

©2018 Kimitsu Cooperative Thermal Power Company,Inc.

ページトップへ