東京臨海リサイクルパワー株式会社 産業廃棄物及び感染性医療廃棄物のリサイクル処理施設です

〒135-0064 東京都江東区青海三丁目地先 TEL:03-6327-3190

TOP東京都との関連性当社が果たすべき役割

当社が果たすべき役割

東京臨海リサイクパワー 当社が果たすべき役割

東京都の産業廃棄物処理問題を解決するため、当社の果たすべき役割として、以下の取組みを進めてまいります。

  • 最終処分量の削減
  • 都内処理率の向上
  • ダイオキシン類の削減
  • 安全性、信頼性の高い事業運営
  • 先進技術によるリサイクル
  • 処理施設の情報公開

最終処分量の削減

当社でのリサイクル処理により、重量で約1/10、容積で約1/40に減量化することができます。このため従来の直接埋立てに比較して大幅に最終処分量を削減し、最終処分場の延命化に大きく寄与することができます。

都内処理率の向上

産業廃棄物は都内発生量(産業廃棄物の廃プラスチック:54.4万t/年)の約1/3に相当する量(当社処理量:16.5万t/年)を処理することができ、都内処理率の向上に大きく寄与することができます。

感染性医療廃棄物は都内発生量(73t/日:当社推定値)の約2/3に相当する量(当社処理量:50t/日)を処理することができ、都内処理率の大幅な向上に寄与することができます。

ダイオキシン類の削減

排ガス中のダイオキシン類は法規制値(0.1ng-TEQ/m3N)より厳しい自己規制値(0.05ng-TEQ/m3N)を設定し排出量の削減に努めます。

安全性、信頼性の高い事業運営

当社出資企業である5社(東京電力,東京パワーテクノロジー,清水建設,荏原製作所,オリックス環境)の持つ技術力や事業運営能力を発揮し、安全性、信頼性の高い事業運営を行なってまいります。

先進技術によるリサイクル

ガス化溶融炉による金属などの有価物の回収、スラグ化によるマテリアルリサイクルと廃熱を回収し発電(23,000kW)するサーマルリサイクルとを組み合わせた先進技術による高度なリサイクルシステムです。

処理施設の情報公開

施設への見学者の受入れや環境測定値など施設運営に関する情報をインターネットで公開するなど本事業をご理解いただけるよう情報公開に努めます。