社長挨拶

私たちは「発電のプロフェッショナル集団」です。

東京発電は、1928年に東京電燈(現東京電力)の傍系会社、姫川電力として創立された水力発電の専門会社です。その後、80年余に亘り、開発と既設発電所の譲受を進め、関東甲信越地域に77ヵ所、総出力約18万kWの水力発電を行ってまいりました。

1986年に現在の社名に変更してから、発電のプロフェッショナル集団として、水力発電所だけでなく、火力発電所や風力発電所の建設・運転、保守・点検業務の受託に取り組むなど新たな事業分野の開拓を進めております。

近年、地球環境問題、特にCO2削減が大きな課題となっていますが、当社では2005年から、上下水道施設や農業用水路など身近なところに眠っている未利用エネルギーを活用するマイクロ水力発電事業にも取り組んでおります。当社で開発を進めるとともに、建設や運転保守業務の支援などを通し、皆さまのお役に立ちたいと考えております。

私たち東京発電は、地域社会との共存、環境との調和をもっとも大切なこととして、東電グループ唯一の発電プロフェッショナル集団として、常に変革に挑戦し、発電事業を通してエネルギーへの多様なニーズに応え、持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

代表取締役社長

堀部 慶次

お問い合わせ
総務部
TEL:03-6371-5200