鹿島共同火力は、副生ガスエネルギーからクリーンエネルギーをつくり、電力の廉価・安定供給を追求しています。
TOP > 発電設備について > 設備のしくみ 5号機詳細

設備のしくみ

5号発電設備

図で見るしくみ


5号発電設備は、新日鐵住金株式会社鹿島製鐵所の副生ガス(高炉ガス・コークス炉ガス)を燃料とし、ガスタービンと蒸気タービンの2つの熱サイクルを複合(コンバインド)させた高効率コンバインドサイクル発電の採用により、熱効率50%(LHV:低位発熱量基準)を達成し、従来型汽力発電(3,4号発電設備)に比べて熱効率を約2割向上することで、エネルギーの有効活用と二酸化炭素排出量の削減を実現する発電設備です。

1.高効率コンバインドサイクル発電の採用

2.1,300℃級ガスタービンの採用

3.環境負荷の軽減

会社概要アクセスマップサイトマップサイトポリシー個人情報の取り扱いについて